同志社大学ITEC・ASTEM 共催
第8回技術起業家養成プログラム
8th Science & Techno-Entrepreneurship Program (STEP)

1. 技術起業家養成プログラムについて (About STEP)



同志社大学ITEC(技術・企業・国際競争力研究センター)では、2004年から米欧の大学・ビジネススクールと連携しながら、技術起業家養成プログラム(STEP)を実施してきました。
第1回 2004年度= 米国UCLA, USC, UCI
第2回 2005年度= フランスEDHEC
第3回 2006年度= 英国University of Cambridge
第4回 2007年度= 米国UC Berkeley & Silicon Valley
第5回 2008年度= 英国University of Cambridge
第6回 2009年度= 米国UC Berkeley & Silicon Valley
第7回 2010年度= 英国University of Cambridge

Doshisha University ITEC (Institute for Technology, Enterprise and Competitiveness) has executed Science and Technology Entrepreneurship Program (STEP) for 7 years with cooperating with the universities and the schools of business in America and Europe.
1st 2004= UCLA, USC, UCI, USA
2nd 2005= EDHEC, France
3rd 2006= University of Cambridge, UK
4th 2007= UC Berkeley & Silicon Valley, USA
5th 2008= University of Cambridge, UK
6th 2009= UC Berkeley & Silicon Valley, USA
7th 2010= University of Cambridge, UK

今年度(第8回)は、四度目のシリコンバレー訪問です。UC Berkeley(カリフォルニア大学バークレー校)のRobert Cole先生、Steve G. Blank先生のLectureを受講し、新しいビジネスの立ち上げや、entrepreneurshipについて議論します。

This year, we visit Berkeley & Silicon Valley. The lecture of New Business Model etc. is attended at UC Berkeley.

UC Berkerey
UC Berkeley

また、シリコンバレーの企業やベンチャーキャピタル、コンサルティングファームを訪問し、現地で活躍する日本人と議論します。さらにIntel社主催のビジネスプランコンテストであるIntel Global Challengeのsemi final、final Presentationに参加します。

Moreover, we visit some companies, venture capitals, and consultation firm. And we join Intel Global Challenge (Business plan contest supported by Intel).

年齢・職業・現住所を問わず、どなたでも参加できます。
ただし、定員を超える応募者が予想されますので、締め切り次第、ITECにて厳正に受講者を選抜いたします。

The program is ablable for everyone.
However, the applicant will be expected to exceed the quota, the student will be selected strictly by ITEC.

Go to top


2. 募集要項 (Admissions)

■対象者 (Subject)
・企業の経営者で、新事業創造を目指す方
・起業を考えている方、起業をサポートする専門家をめざす方
・京都とシリコンバレーとの産産連携・産学連携の新しいネットワークを創りたい方
・技術経営に関心のある企業の担当者、米国の起業環境を知りたい方

・The manager of the company which aims at new business creation.
・The person who considers to start a business or wants to become a specialist who supports a entrepreneur.
・The person who wants to make a new network between Kyoto and Silicon Valley.
・The person in charge of the company which is interested in management of technology or who wants to know U.S. business startup environment.

■受講料 (Charge)
企業経営者    20万円
その他社会人   10万円(自費参加の場合、奨学金あり)
大学院生      無  料
※1その他、渡航費、宿泊費等は実費負担となります。飛行機&ホテルは各々で予約、購入をお願い致します。なお、事務局はHotel Durant Berkeley(2600 Durant Ave, Berkeley, CA, 94704 U.S.A. 0120-993-793)を拠点とする予定です。
※2アメリカ合衆国への渡航にあたっては「電子渡航認証システム(ESTA)」による認証取得が必要となります。事前に米国大使館 ESTA申請専用WEBサイト https://esta.cbp.dhs.gov/ にて申請を行ってください(認められない場合VISA取得が必要になりますので、お早めにお手続きください)。
※3(ご参考)エアチケット手配連絡先
島崎 倫史 Tomohito Shimazaki
mailto:shimazaki@hei.hankyu.co.jp
株式会社阪急交通社 大阪団体支店 阪神航空営業課
〒530-8355
大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA 9F
Tel: 06-4795-5945 Fax: 06-4795-5946

Business administrator   200,000 yen
Business person       100,000 yen (in case of participation at the own expense those with scholarship)
Graduate student      Free
*1 In addition to this, voyage expenses, lodging expense, etc. are not contained. Please reserve & purchase an airplane & hotel in each. In addition, a secretariat will plan to make a base at Hotel Durant Berkeley (2600 Durant Ave, Berkeley, CA, and 94704 U.S.A. 0120-993-793).
*2 The attestation acquisition by "Electronic System for Travel Authorization (ESTA)" is needed for the voyage to the United States of America. Please apply before a voyage at an ESTA WEB site (https://esta.cbp.dhs.gov/). Since VISA acquisition is needed when not accepting, please carry out earlier.
*3 Travel agency(for reference)
Tomohito Shimazaki
mailto:shimazaki@hei.hankyu.co.jp
Hankyu-travel.co
〒530-8355
HERBIS OSAKA 9F
2-5-25 Umeda Kita-ku
Osaka
Tel: 06-4795-5945 Fax: 06-4795-5946

■定員 (Number to be admitted)
15名 (定員を超えた場合には書類選考を行ないます。)

15(the applicant will be expected to exceed the quota, the student will be selected strictly by ITEC.)

■応募締切 (Application deadline )
2011年9月30日午後5時

September 30 17:00

Go to top



3. 応募方法 (Application)

下記のリンクよりApplication form をダウンロードしていただき、必要事項を記入の上、申し込みアドレスにe-mailにてお送りください。

Please download an Application form below, and fill fields and send it to application address by e-mail.

Application form

お申込みアドレス:office(AT)mot.astem.or.jp ※(AT)は@と置き換えて下さい。

Application address:office(AT)mot.astem.or.jp ※please change”(AT)” to”@”.


Go to top

4. プログラム予定内容(※変更の可能性有) Program(*Not fixed now)

11月7日(月) Nov. 7
AM Lecture "Creating New Business Models1"
(Robert E. Cole)
PM1 Lecture "Creating New Business Models2"
(Robert E. Cole)
PM2 Lecture "CUSTOMER DISCOVERY −the first step of "the Four Steps to the Epiphany"
*Please read the paper of a link and understand the contents in advance.
The Four Steps to the Epiphany

(Steve G. Blank)
EVE Welcome Reception and Dinner

11月8日(火) Nov. 8
AM Wrap-up meeting about Monday Lecture.
(Eiichi YAMAGUCHI, Takashi TSUTSUMI)
PM1 Lecture About SV in recent years
(Mr.Brandon K. Hill(btrax, Inc.CEO))
PM2 Experiences when I establish the company in Silicon Valley. And About the future of Silicon Valley
(Mr.IDE・Mr.KAMBE)
EVE 午後の講演者もお誘いして交流会

11月9日(水) Nov. 9
AM Intel Global Challenge Semi Final Presentations and Judging Round
PM1
PM2
EVE

11月10日(木) Nov. 10
AM Intel Global Challenge Finalist Presentations and Judging Round
PM1
PM2 Finalist Team Presentations, Keynote Speaker, and Awards Ceremony
or
US-Asia Technology Management Center, Stanford University(16:15-17:30) URL:http://asia.stanford.edu/
EVE  

11月11日(金) Nov. 11
AM
PM1 SBI
PM2 500 Startups
EVE Wrap-up meeting from week
(Eiichi YAMAGUCHI)


Go to top

5. 講師の略歴 (UC Berkeley ・ホームページ他より抜粋) Lecturer Profiles

Robert E. Cole ロバート・コール教授
コール教授
2007 - present, Visiting Researcher, ITEC, Doshisha University, Japan
2006 - present, Executive Director, Leadership Excellence and Advancement Program (LEAP), a joint program between the Management of Technology Program (MOT) and Hamdan bin Mohammed e-University in Dubai, UAE
2003 - present, Professor Emeritus, Haas School of Business and Department of Sociology, UC Berkeley
2003 - 2006, Omron Distinguished Professor of Management of Technology, Director of Management of Technology Program, Doshisha Management School, Japan
1997 - 2006, Co-Director, Management of Technology Program (MOT), Haas School of Business (a joint program with the College of Engineering)
1990 - 2002, Professor, Haas School of Business and Department of Sociology, UC Berkeley
1967 - 1990, Assistant, Associate, and (Full) Professor of Sociology, University of Michigan

Steve G. Blank スティーブ・ブランク講師
ブランク講師
2005 - present, Lecturer, Berkeley-Columbia Executive MBA Program
2002 - present, Lecturer Program in Entrepreneurship, Haas School of Business
2004 - 2009, IMVU Board of Directors
2004 - 2009, Cafepress Board of Directors
2002 - 2007, Macrovision (NASDQ: MVSN) Board of Directors
1997 - 2005, Immersion (NASDQ: IMMR) Board of Directors
1996 - 1999, E.piphany (NASDQ: EPNY) Co-founder/President/VP Mktg
1993 - 1996, Rocket Science Games CEO
1989 - 1993, SuperMac VP Marketing
1986 - 1989, Ardent Co-founder/VP Marketing
1984 - 1986, Mips Computers Co-founder/VP Marketing
1981 - 1984, Convergent Technologies VP Marketing
1979 - 1981, Zilog

Takashi TSUTSUMI 堤 孝志講師
堤 孝志氏
三井住友海上キャピタル株式会社勤務。
ニチメン(現・双日)およびその子会社(現・テクマトリックス)において海外ICTベンチャーとの提携を通じた事業企画、輸入内販業務に従事。
その後Worldview Technology PartnersにてアメリカのICT分野の投資先支援に従事し、2003年から現職(投資開発第一部部長)。
エレクトロニクス、情報通信、クリーンテック分野を中心に幅広く投資活動を行う。
東京理科大学工学部卒。カナダ・マクギル大学経営大学院修了。
訳書に『クリーンテック革命』がある。

Eiichi YAMAGUCHI 山口 栄一教授
山口栄一教授
同志社大学大学院総合政策科学研究科教授、同志社大学ITEC副センター長
1979年、日本電信電話公社に入社し武蔵野電気通信研究所基礎研究部に赴任。
1984年から1985年まで米国University of Notre Dame客員研究員。
1986年から1990年まで、NTT基礎研究所主任研究員。
1990年から1998年まで同研究所主幹研究員。この間1993年から1998年まで5年間フランスIMRA Europe 招聘研究員。
1999年から2001年まで経団連21世紀政策研究所主席研究員
2001年から2003年まで同研究所研究主幹。
2003年からより現職。



Go to top




Contents
1.
技術起業家養成プログラム
2.
募集要項
3.
応募方法
4.
プログラム内容
5.
講師の略歴
6 .
資料ページ




photo2 photo2photo2photo2photo2photo2photo2photo2
Copyright(C) ITEC. All Rights Reserved.